ラヴォーグ 脱毛

光脱毛とレーザー脱毛の違い

脱毛をしたいなと思っても色々なクリニックやエステサロンがあるので、
どこを選べばよいのか分からなくなってしまうものです。

 

まず知っておくべきはクリニックで行われるレーザー脱毛と、
ラヴォーグなどのエステサロンで行われる光脱毛の違いです。

 

 

光脱毛とレーザー脱毛の違い

光脱毛とレーザー脱毛という言葉をよく耳にすると思いますが、
脱毛をしたいと考え始めた人にとっては何が違うのかが分からないものです。

 

脱毛をこれからしていこうと考えているのならば、
光脱毛とレーザー脱毛の違いをしっかりと理解しておく必要があります。

 

施述をする場所が異なる

レーザー脱毛は医療機関で受ける脱毛です。美容外科が一般的です。
光脱毛はエステサロンで受けるものです。

 

レーザー脱毛は専門医でしか扱うことはできないものです。
光脱毛は医療機関でなくても使っていくことができます。
最近では、本格的な自宅でできる光脱毛器も販売されています。

 

脱毛の効果の違い

光脱毛とレーザー脱毛では照射する波長が違います。
レーザー脱毛の照射のほうが威力が強いのです。
だから専門医でないと扱うことができません。

 

レーザー脱毛は永久脱毛ができるとされていますが、
光脱毛は半永久脱毛ができるとされています。
レーザー脱毛のほうがしっかりと綺麗に脱毛ができるということです。

 

この違いは、レーザー脱毛は毛母細胞を破壊して脱毛しますが、
光脱毛は毛母細胞にダメージをあたえて脱毛するものだからです。

 

 

脱毛ってどんなメカリズムなの?

光脱毛やレーザー脱毛というのは、どんなメカリズムなのでしょうか。
毛抜きで毛を抜いても再びはえてくるのに、なぜ光脱毛やレーザー脱毛をすると
毛が生えてこなくなるのでしょうか。

 

ムダ毛の「黒色」は光脱毛やレーザー脱毛の光を吸収して熱エネルギーに変化させます。
虫メガネを使って黒い紙をこがす実験と同じ原理です。
毛がはえるもととなる毛母細胞は黒色メラニンをたくさん含んでいます。
光脱毛やレーザー脱毛で毛母細胞を照射することで焼灼されます。

 

毛母細胞を焼灼する力は、光脱毛よりも高いエネルギー力を持つレーザー脱毛のほうが大きいのです。