ラヴォーグ 脱毛

脱毛サロンと家庭用脱毛器での脱毛の違い

最近では脱毛をしている女性がとても増えました。
そして販売されている家庭用脱毛器も高性能なものが増えてきました。
高額ですが光脱毛ができるものまで発売されています。

 

これから脱毛しようと考えている人は家庭用脱毛器を購入して自分で脱毛をしていくか、
ラヴォーグのような脱毛サロンに通って脱毛をしていくかで迷っているという人もいると思います。
そこで脱毛サロンに通うことと家庭用脱毛器のメリットとデメリットについてお話していきます。

 

 

家庭用脱毛器と脱毛サロンの機器の違い

脱毛サロンで行われている脱毛は光脱毛だということはご存知でしょうか。
販売されている家庭用脱毛器も光脱毛です。

 

最近販売されている家庭用脱毛器は高性能なものが多いです。
サロンで使っている脱毛器と家庭用脱毛器はさほど違いがありません。

 

サロンで使っているもののほうが光の威力を強くできるものだとしても、
肌トラブルが起きないようにするためにも、無理な照射力にはしません。
脱毛サロンの脱毛器と家庭用脱毛器では一度に照射できる面積が違います。
家庭用脱毛器の方が面積が狭いのです。

 

なので照射する回数が増えることで脱毛にかかる手間が家庭用脱毛器の方が増えるのです。
そもそも、脱毛サロンの場合は人にやってもらうものですが。

 

 

デメリットとデメリット

脱毛サロンで脱毛することと家庭用脱毛器を使って
自分で脱毛していくことのメリットとデメリットについてお話していきます。

 

脱毛サロンでの脱毛の場合

脱毛サロンで脱毛をすることのメリットというのは、
全身全ての脱毛をすることができるということです。

 

脱毛サロンの場合は自分でするのではなくて、人にやってもらうものなので
手が届かないところまでしっかりと脱毛していくことができるのです。

 

エステなどで脱毛をする場合は肌へのダメージも注意して行っていくことができます。
脱毛後の肌の赤みや乾燥などのアフターケアもしっかりとしていきます。

 

脱毛サロンでのデメリットは、自分の好きなときに脱毛をすることができないということです。
前もって予約を入れておかないと施術を受けることはできません。
最近は少なくなってきたようですが、勧誘をされることもあるのでそういうのが苦手な人は
脱毛サロンは好きにはなれないでしょうね。

 

あとは、回数を通うごとにもちろんお金がかかります。
その金額は総合にすると家庭用脱毛器よりも高くなります。

 

家庭用脱毛器の場合

家庭用脱毛器のメリットは好きな時に好きなタイミングで脱毛をすることができるということです。
そして人に自分の体を見られることもないということです。

 

エステなどでは脱毛部位をしっかりと決めて契約して施術をしていきますが、
家庭用脱毛器ならばどの部位でも自分の思うように脱毛を初めていくことができます。

 

家庭用脱毛器は脱毛サロンでかかる総額と比べるとコスパがよくなります。

 

家庭用脱毛器のデメリットは、付属品の購入が必要になることがあります。
家庭用脱毛器で脱毛をしていくときは専用カートリッジやジェルなどが必要になることがあります。
家庭用脱毛器のカートリッジは消耗品なので思っている以上に金額をかけなければならない
ということもあります。

 

そして家庭用脱毛器の最大のデメリットは手が届かない部分の脱毛ができないということです。
手が届いたとしても照射しづらい部分は照射が出来ていなかったり
何度も同じところをやってしまっていたりする場合もあります。

 

 

脱毛サロンと家庭用脱毛器のどちらが良いのかというのは人によって考え方が異なることです。
家庭用脱毛器もしっかりと使いこなせば脱毛サロンと同じ効果を得ることができます。