ラヴォーグ 脱毛

光脱毛にも何種類かの脱毛方式が存在する!

脱毛には光脱毛とレーザー脱毛がありますが、光脱毛にはさらにいくつかの種類があります。
たとえば、「IPL脱毛」と「SSC脱毛」という脱毛方法です。
名前だけみても何が違うのかさっぱり分かりません。
そこで今回は光脱毛にはどんな種類があるのか、どんな特徴があるのかをお話していきます。

 

 

光脱毛はさまざまな表記がある

エステサロンの光脱毛の広告などでは、さまざまな名称で脱毛は表記されています。
フラッシュ脱毛、光脱毛、IPL脱毛、SSC脱毛、シルキーライト脱毛、VIP脱毛.・・・
などなどなんとなく分かるものもあれば、名前をみただけでは違いがなんなのか分からないものもあります。

 

フラッシュ脱毛というのと光脱毛というのは呼び方は違くても同じものです。
VIP脱毛というのは部位のことを部位のことを指す脱毛方法です。
シルキーライト脱毛というのは、「シルキーライト」という脱毛器を使った脱毛のことです。
IPL脱毛、SSC脱毛というのは照射する光や肌に塗っていくジェルが異なるものです。

 

 

IPL脱毛とSSC脱毛の特徴

IPL脱毛もSSC脱毛も毛乳頭に光でダメージを与えていくことで脱毛をしていくというのは同じです。
この二つの何が異なるのかというと、ライトの種類とジェルの種類が異なるのです。
IPL脱毛とSSC脱毛のそれぞれの特徴をお話していきます。

 

IPL脱毛とは

IPL脱毛は「インテンス・パルス・ライト」というキセノンランプを使用した脱毛器を使った施術です。
IPL脱毛のランプはメラニン色素に反応する作用があって、シミやそばかすなど美容の
フェイシャル治療にも使われることのあるランプです。

 

IPL脱毛には美白効果があるということですね。
IPL脱毛の場合は毛のメラニン色素に反応することで毛乳頭にダメージをあたえて
ムダ毛が生えてくるのを抑えます。

 

SSC脱毛とは

SSC脱毛は「スムーススキンコントロールメソッド」を略したものです。
SSC脱毛はイタリアのDEKA社が開発した美容効果も期待できる施術方法です。
SSC脱毛は光脱毛であるのは変わりがないのですが、毛の成長を抑える効果のあるジェルを塗って
クリプトンライトという光を照射していきます。

 

ジェルに光を照射することで毛穴に有効成分を浸透させていきます。
SSC脱毛に使われているジェルに配合されている成分は「フィニリーブ」というもので、
このフィニリーブが入った「トレジャービーンズ」というカプセルが配合されています。

 

SSC脱毛に使われているクリプトンライトはIPL脱毛で使われているキセノンランプよりも肌への刺激が少ないです。
SSC脱毛は光の力だけではなくてジェルの効果もあるので、産毛の脱毛にも効果が高いといわれています。
一般的に光脱毛は、産毛の脱毛ができないことが多いです。
この理由は産毛はメラニン色素が薄いからです。

 

 

IPL脱毛とSSC脱毛の効果の差

この二つの光脱毛の効果には大きな差がありません。
個人の好みで選んでいくのがよいと思います。
光脱毛は永久脱毛ができるというものではありません。
IPL脱毛とSSC脱毛のどちらの脱毛に施術を受けたとしても、
永久にムダ毛が生えてこなくなるというわけではないのです。

 

脱毛は長い期間で繰り返し通い続けていく必要があるので、
サロンのサービスや料金プランなどもしっかりと比較して自分にあったサロンを選んでいきましょう。